がつんと!

日々感じた事を、がつんと伝えるブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

チベット騒乱に揺れる北京オリンピック

3月14日、中国のチベット(西蔵)自治区ラサ(拉薩)市中心部で、チベット仏教の僧侶や市民によるデモが武装警官隊との衝突に発展した。
この騒乱は武装警察により鎮圧されたが、多くの死傷者を出した事で北京オリンピック(北京奥運)を控えた中国政府には大きな打撃となった。
3月10日と11日にラサで300~600人の僧侶らが行ったデモに、公安と武装警察らが彼らを殴り、逮捕した事が この騒乱の発端のようである。
3月10日は、ダライ・ラマ14世が亡命するキッカケとなった1959年の中国軍によるチベット武力鎮圧から49年の記念日だった。
事件後、ジョカン(大昭寺)、デプン(哲蚌寺)、セラ(色拉寺)のラサ3大寺院は人民解放軍に包囲され、ラサ市の中心にあるバルコル街(八廓街市場)も完全に封鎖された。
The tibetan protests against Chinese occupation in Lhasa have turned violent, with an increased use of force by Chinese troops and police. (画像はポタラ宮)



~ IE-ERABI.NET ~





14日ラサで、僧侶と市民がデモを行っていたが、その中に中国当局の装甲車4台のウチの緑色の1台が突っ込んだ事により、過激な行動に発展したという。




           漢民族の店を襲撃するチベット市民




                投石される警察車両




         火を点けられ、バイクは オシャカに (-人-)




            燃やされる中国の国旗(五星紅旗)

ちなみに、この画像の右上で刀を持っている人物は中国の警察官だという。
現場にいたタイ華僑の女性は、この人物について『中国の警察官がチベット人の服装で刀を振り回し、暴力をふるっていた。彼は派出所に戻ると警察官の制服に着替えた』と証言した。
後に中国メディアが発表した画像や映像からは、この人物の姿は消されていたという。





             引っくり返され、炎上する自動車




            ラサの街を封鎖しようとする警官隊




             うわあああああああああああぁぁ




        落ちていた警官の盾を折ろうとするおジイちゃん




反日暴動で日本大使館や日本人の店を襲撃した中国人が、同じ事をされるという皮肉          




              ラサ市に入る治安部隊のトラック




             そのトラックに投石する人々




          結局、この騒乱は14日の夜には鎮圧され




                 翌日の15日からは




           装甲車と銃を持った中国軍が大量に入り




              ラサの街は 完全に封鎖された




この事件に対し、中国政府は現地から外国メディアを追い出し、国際組織の調査も拒否した。
さらに、『ユーチューブ』の接続を遮断し16日以降、中国国内からは閲覧できなくした。
知らぬがホトケという事なのだろうが、中国の国民にも情報は漏れており、今回ばかりは中国政府も完全に情報を統制をする事は難しいようである。
それでもチベット自治区のシャンパ・プンツォク主席は17日、『デモ隊の制圧は武装警察と公安警察が行っており、軍は加わっていない』と強調し、さらに『治安部隊は発砲しておらず、戦車など人を殺害する武器は一切使っていない』と述べた。




温家宝首相も『チベットの騒乱はダライ・ラマ一派が画策した』と逆ギレ
(ダライ・ラマ氏は分離独立を要求してませんが…)




この姿は、農薬入りの“毒ギョーザ事件”で、『私たちが最大の被害者だ!』と逆ギレした“天洋食品”の責任者と重なってしまう。
国連ジュネーブ事務局常駐中国代表団の銭波(チエン・ボー)副代表もEU諸国の記者に対し『他国をいわれなく非難する一部の国は、まず自分達の人権の歴史を反省すべきであり、人種や移民労働者の差別問題、宗教問題の解決にむけ適切な措置を採るべきだ』と発言した。 
この時、『お前が言うな!』と、ツッコミを入れた記者はいなかったのだろうか?



~ IE-ERABI.NET ~






3月18日、ロンドンの国際人権団体『フリー・チベット・キャンペーン』は、16日と17日に中国当局の治安部隊に射殺されたとする犠牲者の画像を公開した。
この写真は中国四川省北西部アバ県のキルティ僧院でに撮影されたもので、逮捕者らの解放を求めて抗議活動を行ったチベット仏教僧ら数百人に対して治安部隊が発砲したという。
このような中国の武力弾圧に対し、世界各地で抗議デモが行われ、EU諸国では北京オリンピックの開会式のボイコットが議論されるまでに発展した。







★ 16日と17日の犠牲者画像(良いコは見ちゃダメ!) ★

★ フリー・チベット・キャンペーン ★

★ チベットの国旗( 雪山獅子旗  ★

★ 北京オリンピックを支援する企業 ★


~ 時給4200円以上 ~

~ 自宅で簡単高収入 時給4200円 ~

~ ヘテムル ~

~ 月々105円からのオンラインショップ運営 ~

~ IE-ERABI.NET ~


☆☆ ブログランキング クリックして下さい! ☆☆







【 世界各地での抗議の様子 】






                  イタリアのローマ




         ドイツのベルリン 『私のことも撃ってみれば?』




ベルギーのブリュッセル 10日にラサで逮捕された僧侶達の写真を掲げて抗議




           チェコのプラハ 『停止西蔵暴力停止』 




                インドのニューデリー




         台湾の台北市 『拒絶黒♥中國 Free Tibet』




          アメリカのニューヨーク 国連本部前で抗議




同じくニューヨーク 中国銀行(BANK OF CHINA)に『FREE TIBET』の落書き




フランスのパリ 『チベットでの殺戮をやめろ STOP KILLING IN TIBET』





ところで、以前このようなデモを行っていた日本の人権団体は何をしているのだろうか?
『中国政府はチベット人を殺すな!』と中国大使館の前で抗議をしないのだろうか?







~ 時給4200円以上 ~

~ 自宅で簡単高収入 時給4200円 ~

~ ヘテムル ~

~ 月々105円からのオンラインショップ運営 ~

~ IE-ERABI.NET ~


☆☆ ブログランキング クリックして下さい! ☆☆


★ 上海の反日暴動 ★





スポンサーサイト
  1. 2008/04/20(日) 20:00:00|
  2. 中国|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

日本がんばれ!!

20050429063126s.jpg4月23日、東京の新宿で中国の反日暴動に抗議するデモがあった。
海外のメディアは、デモの参加者は150人と伝えているが、最終的には約300人が参加したようだ。
そして、このデモの参加者の中には約30人の台湾人が含まれていたらしい。
台湾は世界で一番の親日国であり、常に中国から嫌がらせを受け続けてきた。
そのため、中国での反日暴動で破壊された日本の領事館やレストランに、台湾人は自分達の姿を重ねていたのかもしれない。当然の事ながら、このデモに参加した人による破壊行為はなかった。
ちなみに、写真の左は『中国は捏造の歴史』、右は『日本がんばれ!!』という意味。
右の人が持っている肖像写真は李登輝さん(前の台湾総統で台湾独立の象徴的な人)です。


~ IE-ERABI.NET ~


20050429063146s.jpg前日の4月22日、ニューヨークの国連本部前で在米中国人団体と在米韓国人が反日デモを行った。
しかし、翌日の4月23日には、同じニューヨークのマンハッタンで“百万人中国共産党脱党グローバル応援自由民主デモ”という集会があったようだ。
その中で、「新唐人テレビ」(New Tang Dynasty Television)を支援しようと、「衛星・自由中国プロジェクト」が在米中国人有志によって発足され、わずか30分で5万ドルの寄付金を集めた。
「新唐人テレビ」は、情報封鎖されている中国大陸へ世界で唯一中国語の衛星放送を発信している独立系・非営利放送局である。
この日集まった寄付金のすべては、「衛星・自由中国プロジェクト」専用口座に入り、新唐人の中国大陸向けの放送のみに使用されるという(←ココは信じたい…)。
中国以外の国でも起きた反日デモのニュースを見て、『海外にいる中国人もダメか…』と思っていたので、このニュースには少し安心させられた。

☆☆ ブログランキング クリックして下さい! ☆☆


♪ある台湾の若者達の日本旅行記♪


★衛星・自由中国プロジェクト★

~ IE-ERABI.NET ~

~ YAHOO! WEB HOSTING ~

★ Amazon ★

  1. 2005/04/29(金) 17:00:00|
  2. 中国|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2

上海の反日暴動

説明するまでもナイが、4月16日に上海で大規模な反日デモが起きた。
デモ隊は暴徒化し、日本のレストランが襲撃され、破壊された。
警官隊によって日本総領事館に誘導されたデモ隊は、またも石やペンキを投げつけた。

20050417055213s.jpg

        鉄板焼きの店『味蔵』に集まる上海の暴徒の皆さん


20050417055239s.jpg

      店の看板(ちょうちん)とテーブル、イスでキャンプファイヤー?


20050417055513s.jpg

       店に6人が侵入し、内側からも破壊された後の『味蔵』


20050417055544s.jpg

              同じく鉄板焼きの店『利嘉苑』は


20050417055559s.jpg

       自転車が投げ込まれちゃってます。


20050417055629s.jpg

             火鍋、しゃぶしゃぶの店『龍軒』も


20050417055652s.jpg

                      この通り


20050417055805s.jpg

                     これもヒドイ


20050417055844s.jpg

              日本料理『吉祥』の看板を破壊


20050417055909s.jpg

       看板の上によじ登って中国国旗を振るおバカさん発見!


20050417055941s.jpg

          日系のコンビニの窓ガラスも割られました


20050417055959s.jpg

                  日本車 Japanese car
          (The word means "anti-Japan" in Chinese)




20050417065708s.jpg

           上海の日本総領事館 Japanese cousulate


20050417055101s.jpg

                       お約束


20050417070306.jpg

       投石する暴徒を温かく見守る警官隊の皆さん(写真の右)



20050417055032s.jpg

         投石された日本総領事館の窓


20050417055119s.jpg

             だから、見てないで止めろっつーの!


20050417054840s.jpg

              小泉バカ一郎の墓(FUCK付き)
They erected the Japanese Prime Minister Koizumi's mock grave.


20050508053400.jpg

           総領事館に投げ込まれた無数のゴミ(翌日)


またも上海市の報道官からは謝罪の言葉はなかった。そればかりか『すべての責任は日本にある』と従来の中国政府の主張を繰り返した。
中国よ、それでイイのか?世界が見てるぞ。やはり、こんな国でオリンピックをさせてはいけない、今スグ開催地を変更するべきだ。
想像して欲しい…アナタがマラソンの日本代表選手だとして、この人達の間を走れるだろうか?もし日本の選手に“何か”あっても『愛国無罪』、警官は見てるだけで、最後には『すべて日本の責任』となりかねない。中国でのオリンピック開催は絶対に危険だ。



☆☆ ブログランキング クリックして下さい! ☆☆













~ IE-ERABI.NET ~

~ ENJOY! ~

~ YAHOO! WEB HOSTING ~


★ Amazon ★


★ チベット騒乱に揺れる北京オリンピック ★

  1. 2005/04/17(日) 10:07:00|
  2. 中国|
  3. トラックバック:15|
  4. コメント:12

暴動を黙認する常任理事国

20050412053612s.jpg4月10日、中国各地で反日デモが再び起こり、またも過激な暴動に発展した。
参加者は『日本製品不買』、『愛国無罪(愛国のためなら何をしても無罪)』などと叫び、日本大使館に投石し、ガラスを割り、日本企業の看板などを破壊した。
上海の飲食店では、日本人留学生3人が“日本人という理由だけで”ガラス製の灰皿やビール瓶で殴られるという事件も起きた。
中国当局は日本大使館前に警官隊を配置したものの、中国人の暴動を止める事はしなかった。
それどころか、中国外務省は「今回の暴動の責任は中国側にはナイ」と言い切った。
しかし、イギリスのタイムス紙には『中国政府は反日暴徒を野放し』と、しっかり報じられてしまっていた。
アメリカのワシントン・ポストは、デモに参加した大学院生の『政府が協力的でうれしい。警察は交通整理で協力してくれた』という声も伝えた。


コレを見て欲しい。反日デモの当日、参加者に配られたビラである。

20050412060128s.png

1. には日本の右翼改修教科書に出資して支持している日本企業→富士通、コニカ、ソニー、ビクター、パナソニック、東芝、オリンパス…と書いてある。
日本の教科書にスポンサーがつくなんて聞いた事がナイ、まったくデタラメもいいところだ。
2. においては、日本の軍需産業の支柱の企業が→ホンダ、トヨタ、スズキ、日産、三菱、マツダ等…と書かれている。
こんな情報が(●菱以外)ウソであるという事は、日本人ならスグ分かる。しかし、子供の時から反日教育を受けている中国人は、何の疑いも無く信じてしまうようだ。
デモの参加者が日本車を破壊した事には、こういった背景があったようである。


~ YAHOO! WEB HOSTING ~


20050412053819s.jpg今後、こうした反日暴動が再び起こる可能性は十分に考えられるが、中国にとってはマイナスにしかならない。しかし、今回の『なんでもアリ』の快感を知ってしまった中国人達は、また暴動という名の『お祭り』を起こすハズだ。
近い将来、反日暴動が反政府暴動に変わっても、我々日本人は彼らを助けようとはしないだろう。
去年のサッカーアジアカップの時にも増して、今回の反日暴動で日本人の中国に対するイメージが決定的に悪くなった事を中国人は知るべきである。
日本人も、中国人が日本人を差別している事を知るべきだ。
上海での事件も、ジャイアンが『のび太のくせに生意気だ!』と言って殴りかかるようなもので、正当な理由なんてナイのだ。
それでも中国を擁護する左巻きのテレビコメンテーターにはウンザリする。もはや日本の若者に“土下座外交”の支持を期待してもムダである。

中国といえば、チベットのダライ・ラマ14世が4月8日に来日したが、ナゼかテレビ局はコレを伝えていない。
だからだろうか?“今回の反日暴動は、ダライ・ラマの来日に際して日本のメディアがチベット問題を取り上げないように中国政府が企画したモノだ”という見方をする人がいる。
真偽は不明だが、確かにタイミングとしてはバッチリだ。それならなおの事、小泉総理にはダライ・ラマとの対談を大々的にして頂きたいと思う。


~ NOEL ~



20050412061148s.jpg

暴動に参加した中国人達を送ってあげるために、大型バスが用意されていました。
手配したのは誰?


☆☆ ブログランキング クリックして下さい! ☆☆






~ YAHOO! WEB HOSTING ~

~ NOEL ~

~ DT‐REPORT ~

★ Amazon ★


★ 上海の反日暴動 ★

  1. 2005/04/12(火) 19:30:00|
  2. 中国|
  3. トラックバック:9|
  4. コメント:4

中国の“反日祭り”

20050405220701s.jpg4月3日に中国の広東省と四川省で、日本の国連安保理常任理事国入りに反対するデモが行われた。
しかし、テレビでは伝えない写真があるので公開したいと思う。
この反日デモは「中国民間保釣(尖閣防衛)連合会」などが日本の国連安保理常任理事国入りや、歴史教科書問題に反対するために集会を開いたものだと伝えている。
しかし、彼らがイトーヨーカドーなどのスーパーを襲撃した背景には、別の理由があるように思う。
この反日デモを呼び掛けた団体の中に、中国に700社以上の会員を持つ小売業界団体「中国連鎖経営(チェーンストア)協会」があるのはナゼか?
やはり、“中国で業績が好調な日本企業に脅威を感じた中国企業が、歴史問題などでインネンをつけて日本製品不買運動につなげ、自分達の業績を伸ばそう”という構図が見て取れはしないだろうか?
実際、この暴動の数日前には、中国の小売業トップ10に入る「農工商超市」(上海)などの大手スーパーが『日本のアサヒビールは日本の歴史歪曲教科書を支持している』と一方的に決めつけて、店頭からアサヒビールと味の素の製品を撤去している。
何の事はナイ、アサヒビールが中国のビールより売れているだけである。それが面白くないからといって、歴史問題を理由に日本製品を撤去するというやり方は極めて悪質だ。


~ YAHOO! WEB HOSTING ~


20050405220749s.jpg昨年のニューズウイーク紙は『中国の日本叩きは国民的娯楽』という記事を書いていたが、見事に的を得ていると思う。
よく見て欲しい、デモを煽動している反日活動家は怒っているが、大半の中国人は楽しそうに笑っている。
“反日”は中国人にとって『お祭り』なのだ。
中国人は、反政府デモなら戦車でひき殺されるが、“反日デモなら何をしても許される”という事を知っているのだ。
指を切ったり、焼身自殺をはかって“怒り”や“恨み”を爆発させる韓国人とはココが違うのである。まあ、どっちもどっちだが…。
『これからは中国だ』と幻想を持って工場を中国に移転した日本企業も“技術流出”などを理由に続々と撤退してきているのは歓迎すべき事だ。
日本の工場が戻る事で雇用が増え、デフレスパイラルが少しでも緩和されれば日本の景気も良くなるカモしれない。

☆☆ ブログランキング クリックして下さい! ☆☆


~ NOEL ~

~ DT‐REPORT ~

~ YAHOO! WEB HOSTING ~


       
20050405222509s.jpg

            日本製品ボイコット 


20050405222534s.jpg

        戦犯 小泉 『来た人は一回踏んでけ』


20050405222613s.jpg

        イトーヨーカドーに集まる暴徒の皆さん


20050405222759s.jpg

           ショーウインドー割っちゃえ!


20050405222643s.jpg

                 ガシャーン!


20050405222724s.jpg

              パラソルでバリーン!


20050405222847s.jpg

               ビリビリビリ~!


20050405222904s.jpg

       やっと来た警官の皆さん

コリャまるで、『文化大革命』か『ナチスのユダヤ人商店焼き討ち』…ですな。
しかし、世界は知っている、常任理事国にふさわしくない国は中国だという事を。


☆☆ ブログランキング クリックして下さい! ☆☆


~ YAHOO! WEB HOSTING ~

~ NOEL ~

~ DT‐REPORT ~

★ Amazon ★


★ 暴動を黙認する常任理事国 ★

★ 上海の反日暴動 ★

  1. 2005/04/06(水) 17:15:00|
  2. 中国|
  3. トラックバック:7|
  4. コメント:5

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

blog ranking

recent entry

recent comment

recent trackback

archives

category

links