がつんと!

日々感じた事を、がつんと伝えるブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

米国産牛肉、輸入再停止に (BSE問題)

20060124044905.jpg1月20日、成田空港での検査でアメリカから輸入された牛肉に、BSE対策で除去が義務付けられている脊柱( せきちゅう : 背骨の部分 )が混入していた事が確認された。
これを受け、中川農相は、安全が確認されるまで、アメリカ産牛肉の輸入を全面停止する事を決定した。
この肉は、ニューヨーク州の中小の食肉処理施設が出荷したモノだが、日本向け輸出をするための認定を米政府から受けており、検査官も常駐していた。
緊急の記者会見をしたマイク・ジョハンズ農務長官は、『アメリカの検査官が、日本向けの輸出基準をよく知らなかった』 と謝罪した。
しかし、問題の肉は、骨が肉に付いたままの状態で、専門家が見れば気がつくモノだった。


~ IE-ERABI.NET ~


20060124053422.jpgそのマイク・ジョハンズ農務長官は、『食料品店に行く途中で “交通事故” に遭う確率の方が、店頭で買った牛肉で被害を受けるよりも高い』などと発言し、昨年まで輸入再開を強硬に迫っていた人物である。
さすがに謝罪会見では大人しかったが、数ヶ月後には何事もなかったように、日本に輸入再開を強硬に求めてくるハズである。
テレビの街頭インタビューで、『アメリカは日本をナメている!』と怒っていた主婦の方がいたが、おそらくソレは、かなりの確率で当たっていると言えるだろう。
しかし、アメリカには、大いに日本の消費者をナメてもらって結構だと思ってしまう。
ナゼなら、アメリカは近い将来、日本の消費者の恐ろしさを痛感するだろうと思うからである。
この際、マイク・ジョハンズ農務長官には、日本の消費者をナメた企業が、過去、どんな結果に終ったかを、身をもって体験して頂こうではナイか。


~ YAHOO! WEB HOSTING ~


20060124044849.jpg大手牛丼チェーンの吉野家は、このBSE問題の象徴的な存在となっているが、その消費者への対応には、あまり賛成できナイ部分が多い。
昨年、安部修仁社長は『輸入再開に全頭検査が必要だとする考えは合理性を欠く』と、政府の姿勢を批判した事があった。
しかしコレは、“ウチは客の安全よりも、利益を重視してますから”という意味にしか聞こえナイのである。
また『親から喰うなと言われても、食べに行くのが吉野家の牛丼』とも発言し、周囲をあきれさせている。
『親から喰えと言われても食べに行かナイのが吉野家の牛丼』という方が、今は正しいだろう。
消費者は、“安全でおいしい牛丼”が食べたいのであって、必ずしも“アメリカ産牛肉の牛丼”が食べたいワケではナイのである。


☆☆ ブログランキング クリックして下さい! ☆☆



♪ おまけ ♪



★ 和牛と国産牛の違い ★


~ IE-ERABI.NET ~

~ YAHOO! WEB HOSTING ~

~ NOEL ~

★ Amazon ★

  1. 2006/01/24(火) 20:00:00|
  2. 事件|
  3. トラックバック:3|
  4. コメント:0
<<イスラム教徒を怒らせた風刺画 | ホーム | 9.11アメリカ同時多発テロの動画>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shiratorijun.blog4.fc2.com/tb.php/36-ec9a98aa

アメリカから輸入の牛肉に、危険部位混入

2006/01/20(Fri)&lt;!--adsense#default2--&gt; 中川昭一農相は1月20日、米国から輸入された牛肉41箱約390kg中、三箱約55kgの危険部位の脊柱が混入していた疑いがあると発表し、アメリカからの牛肉輸入を再び、禁止した。。 これに対するジョハンズ農務長官のビデオ?..
  1. 2006/02/02(木) 20:59:34 |
  2. Sasayama's Weblog

米国産牛肉輸入問題・日本側、米に再発防止要請 BSE危険部位混入で初の事務レベル協議

銀行系カードローンはだいたい金利15.0%~、使えるイー・ローンは8.0%~、使えるカードローンにいますぐ切り替えよう!『日米両政府は24日、米国から輸入された牛肉に牛海綿状脳症(BSE)の病原体がたまりやすい特定危険部位の脊柱(せきちゅう)が混入して...
  1. 2006/01/25(水) 17:34:52 |
  2. 40代の私にとっての最新情報・重要ニュース

アメリカいわく、「BSEは交通事故より確率は低い」=年間1万7千人以下?

再び輸入停止したアメリカ産牛肉。米国側は「交通事故より確率が低い」とのことです。おそらくアメリカの基準で換算していると思いますので、アメリカの交通事故の確率から計算してみます。少し古いデータですが、ここによると、アメリカの年間の交通事故死亡者は10万人当た
  1. 2006/01/25(水) 03:00:40 |
  2. ふくにっき

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

blog ranking

recent entry

recent comment

recent trackback

archives

category

links