がつんと!

日々感じた事を、がつんと伝えるブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

チベット騒乱に揺れる北京オリンピック

3月14日、中国のチベット(西蔵)自治区ラサ(拉薩)市中心部で、チベット仏教の僧侶や市民によるデモが武装警官隊との衝突に発展した。
この騒乱は武装警察により鎮圧されたが、多くの死傷者を出した事で北京オリンピック(北京奥運)を控えた中国政府には大きな打撃となった。
3月10日と11日にラサで300~600人の僧侶らが行ったデモに、公安と武装警察らが彼らを殴り、逮捕した事が この騒乱の発端のようである。
3月10日は、ダライ・ラマ14世が亡命するキッカケとなった1959年の中国軍によるチベット武力鎮圧から49年の記念日だった。
事件後、ジョカン(大昭寺)、デプン(哲蚌寺)、セラ(色拉寺)のラサ3大寺院は人民解放軍に包囲され、ラサ市の中心にあるバルコル街(八廓街市場)も完全に封鎖された。
The tibetan protests against Chinese occupation in Lhasa have turned violent, with an increased use of force by Chinese troops and police. (画像はポタラ宮)



~ IE-ERABI.NET ~





14日ラサで、僧侶と市民がデモを行っていたが、その中に中国当局の装甲車4台のウチの緑色の1台が突っ込んだ事により、過激な行動に発展したという。




           漢民族の店を襲撃するチベット市民




                投石される警察車両




         火を点けられ、バイクは オシャカに (-人-)




            燃やされる中国の国旗(五星紅旗)

ちなみに、この画像の右上で刀を持っている人物は中国の警察官だという。
現場にいたタイ華僑の女性は、この人物について『中国の警察官がチベット人の服装で刀を振り回し、暴力をふるっていた。彼は派出所に戻ると警察官の制服に着替えた』と証言した。
後に中国メディアが発表した画像や映像からは、この人物の姿は消されていたという。





             引っくり返され、炎上する自動車




            ラサの街を封鎖しようとする警官隊




             うわあああああああああああぁぁ




        落ちていた警官の盾を折ろうとするおジイちゃん




反日暴動で日本大使館や日本人の店を襲撃した中国人が、同じ事をされるという皮肉          




              ラサ市に入る治安部隊のトラック




             そのトラックに投石する人々




          結局、この騒乱は14日の夜には鎮圧され




                 翌日の15日からは




           装甲車と銃を持った中国軍が大量に入り




              ラサの街は 完全に封鎖された




この事件に対し、中国政府は現地から外国メディアを追い出し、国際組織の調査も拒否した。
さらに、『ユーチューブ』の接続を遮断し16日以降、中国国内からは閲覧できなくした。
知らぬがホトケという事なのだろうが、中国の国民にも情報は漏れており、今回ばかりは中国政府も完全に情報を統制をする事は難しいようである。
それでもチベット自治区のシャンパ・プンツォク主席は17日、『デモ隊の制圧は武装警察と公安警察が行っており、軍は加わっていない』と強調し、さらに『治安部隊は発砲しておらず、戦車など人を殺害する武器は一切使っていない』と述べた。




温家宝首相も『チベットの騒乱はダライ・ラマ一派が画策した』と逆ギレ
(ダライ・ラマ氏は分離独立を要求してませんが…)




この姿は、農薬入りの“毒ギョーザ事件”で、『私たちが最大の被害者だ!』と逆ギレした“天洋食品”の責任者と重なってしまう。
国連ジュネーブ事務局常駐中国代表団の銭波(チエン・ボー)副代表もEU諸国の記者に対し『他国をいわれなく非難する一部の国は、まず自分達の人権の歴史を反省すべきであり、人種や移民労働者の差別問題、宗教問題の解決にむけ適切な措置を採るべきだ』と発言した。 
この時、『お前が言うな!』と、ツッコミを入れた記者はいなかったのだろうか?



~ IE-ERABI.NET ~






3月18日、ロンドンの国際人権団体『フリー・チベット・キャンペーン』は、16日と17日に中国当局の治安部隊に射殺されたとする犠牲者の画像を公開した。
この写真は中国四川省北西部アバ県のキルティ僧院でに撮影されたもので、逮捕者らの解放を求めて抗議活動を行ったチベット仏教僧ら数百人に対して治安部隊が発砲したという。
このような中国の武力弾圧に対し、世界各地で抗議デモが行われ、EU諸国では北京オリンピックの開会式のボイコットが議論されるまでに発展した。







★ 16日と17日の犠牲者画像(良いコは見ちゃダメ!) ★

★ フリー・チベット・キャンペーン ★

★ チベットの国旗( 雪山獅子旗  ★

★ 北京オリンピックを支援する企業 ★


~ 時給4200円以上 ~

~ 自宅で簡単高収入 時給4200円 ~

~ ヘテムル ~

~ 月々105円からのオンラインショップ運営 ~

~ IE-ERABI.NET ~


☆☆ ブログランキング クリックして下さい! ☆☆







【 世界各地での抗議の様子 】






                  イタリアのローマ




         ドイツのベルリン 『私のことも撃ってみれば?』




ベルギーのブリュッセル 10日にラサで逮捕された僧侶達の写真を掲げて抗議




           チェコのプラハ 『停止西蔵暴力停止』 




                インドのニューデリー




         台湾の台北市 『拒絶黒♥中國 Free Tibet』




          アメリカのニューヨーク 国連本部前で抗議




同じくニューヨーク 中国銀行(BANK OF CHINA)に『FREE TIBET』の落書き




フランスのパリ 『チベットでの殺戮をやめろ STOP KILLING IN TIBET』





ところで、以前このようなデモを行っていた日本の人権団体は何をしているのだろうか?
『中国政府はチベット人を殺すな!』と中国大使館の前で抗議をしないのだろうか?







~ 時給4200円以上 ~

~ 自宅で簡単高収入 時給4200円 ~

~ ヘテムル ~

~ 月々105円からのオンラインショップ運営 ~

~ IE-ERABI.NET ~


☆☆ ブログランキング クリックして下さい! ☆☆


★ 上海の反日暴動 ★





  1. 2008/04/20(日) 20:00:00|
  2. 中国|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<オバマ大統領暗殺の危険性 | ホーム | バージニア工科大学銃乱射事件>>

コメント

ありがとう!

TBサンクス!

チベット問題、良く勉強されておられますね。
私も勉強になりました。
知れば知るほど中国には憤りを感じます。
これからもガツンと!お願いします。
  1. 2008/URL |
  2. 03/27(木) 10:06:32 |
  3. P@RAGAZZO(Pの視点) #-
  4. [ 編集]

こんにちは。
はじめてコメントさせていただきます。

まったく同感です。日本の人権団体と言う名のただの反日団体の正体を現しましたね。彼らは反日偽善者団体と呼ぶべきでしょう。
それにしてもきれいな画像ばかりで感心しました。
これからもこのようなよい情報を発信してください。
ありがとうございました!
  1. 2009/URL |
  2. 10/14(水) 12:31:10 |
  3. あき #ReOT891Y
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shiratorijun.blog4.fc2.com/tb.php/55-54b3949a

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

blog ranking

recent entry

recent comment

recent trackback

archives

category

links