がつんと!

日々感じた事を、がつんと伝えるブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

天皇陛下の特例会見

12月15日、天皇陛下は中国の習 近平国家副主席と皇居・宮殿「竹の間」でご引見された。
習氏は『 わざわざ機会をつくってくれたことに深く感謝します 』と2度にわたって謝意を表明した。
しかし、天皇陛下と握手する際に一礼もしない傲慢な態度見ると、習氏の言葉を疑わざるをえない。
中国の政治家は相手に対して、頭を下げずに自分の体に近い所で握手をする事が多い。
こうする事で自分の方が優位に見えるからである。今回も中国国民には受けが良かった事であろう。
陛下の体調を考慮して作られた“1ヵ月ルール”を破ってまで、この会見を強行した民主党には『天皇陛下の政治利用だ』という批判が集まった。





今年の11月に来日したアメリカのオバマ大統領は90℃のお辞儀で敬意を表した。
この時も賛否両論が起きたが、長身を折り曲げてのお辞儀はオバマ氏の好感度を上げた。





故・ダイアナ妃も、この様に日本の皇室への敬意を忘れなかった。






今回の特例会見をめぐっては、天皇陛下の体調を考慮し、「1カ月前までに申請が必要」とする、いわゆる“1カ月ルール”があったのだが、1ヵ月を切った時期に鳩山首相の指示を受けた平野官房長官が「中国は政治的に重要」と押し切って実現させた事が問題となった。
小沢氏は12月10日に630人で訪中し、その中の143人の民主党議員全員が胡錦涛国家主席との握手と写真撮影をしたが、今回の件はその“見返り”という見方が強いようである。
野党の自民党や世論からの批判を受け、民主党の小沢幹事長は記者会見を行った。





質問をする記者達に“上から目線”で『 選挙に勝てば何でも出来る 』とでも言いたげな小沢幹事長の態度は、“豪腕”というよりは、むしろ“傲慢”と呼ぶにふさわしい。
もし天皇陛下でなくても、大病を患った高齢者をアゴで使う人間を良く思う人はいないだろう。
ましてや天皇陛下に対する敬意も無く、逆に“何が悪いんだ”と居直る姿には民主党支持者にも大きな衝撃を与えたことだろう。いくら反論しようとも、印象が良くなる事はナイ。
民主党は“天皇陛下の政治利用”という、やってはイケナイ事をやってしまったのである。








習 近平氏は次期国家主席の“候補”ではあるが、まだ決定したワケではナイ。
中国共産党内での習 近平氏の序列は6位に過ぎないのである。
今回、その習氏は天皇陛下に会う事で“ ハク “を付ける事が目的だったようである。
つまり、民主党は中国の後継者争いのために天皇陛下を差し出したのである。
民主党寄りのマスコミに騙されて民主党に投票した人達は、これでも支持するのだろうか?
今後も民主党政権が続けば、さらなる売国政策が日本国民を襲う事になるだろう。



☆☆ ブログランキング クリックして下さい! ☆☆


★ 小沢氏、胡中国主席と会談「私は人民解放軍の野戦軍司令官」  ★

★ 天皇陛下を韓国で謝罪させる計画 ★


~ 時給4200円以上 ~

~ 自宅で簡単高収入 時給4200円 ~

~ ヘテムル ~

~ 月々105円からのオンラインショップ運営 ~

~ IE-ERABI.NET ~


☆☆ ブログランキング クリックして下さい! ☆☆






  1. 2009/12/20(日) 20:20:00|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<六本木の尖閣デモ | ホーム | オバマ大統領暗殺の危険性>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shiratorijun.blog4.fc2.com/tb.php/57-bf2fde7f

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

blog ranking

recent entry

recent comment

recent trackback

archives

category

links